スパイク上達革命(加藤陽一)の評判

スパイク上達革命(元・全日本代表エースアタッカー加藤陽一監修)ママさんバレー選手と小・中学生のスパイク習得プログラムの評判・トップイメージ

スパイク上達革命(元・全日本代表エースアタッカー加藤陽一監修)ママさんバレー選手と小・中学生のスパイク習得プログラムの評判をご案内します。

バレーボールでスパイクを習得するためには、練習の内容や目的を十分に理解することがとても大切です。

練習の内容や目的を完全に納得したうえで練習すれば、自然と練習も一生懸命になります。

指導者は、これを選手にしていましたか?

バレーボールの上達のコツは、非常に簡単な事であり、取り組みやすい事です。

加藤さんは選手として海外でも活躍しています。

さらに、筑波大学の大学院でコーチになる為の勉強もしています。

バレーの選手として一流であり、指導者としてもシッカリとした基礎が出来上がっています。

世界レベルでの活躍、さらに沢山の指導者としての経験も非常に豊富です。

バレーボールのスパイクはあっという間に習得出来てしまいます。

詳細はコチラ  バレーボール・ジュニア選手育成プログラム(工藤憲)

スパイクを習得する流れ

バレーボールのスパイクについては、まずシッカリと基本的な動きを理解します。

そして、練習に取り入れていきます。

助走のやり方、状況に応じたスパイクの打ち込み方をマスターします。

不明な点はもう一度、映像を確認して、理解を深めて下さい。

これらを繰り返していけば、自然と、体の使い方、踏み込みの強さなども身に付きます。

詳細はコチラ  バレーボール・ジュニア選手育成プログラム(工藤憲)

スパイクがスパット決めて、プレイに自信を持てるようになります

スパイクの時に、ボールが手に当たらないで、手首に当たる事もあると思います。

正しいスパイクが出来ていないのが原因です。

スパイクを正確に打てる技術を身に付けていきます。

また、スパイクが上達していけば、自分自身のスパイク以外のバレーボールの腕も着実に向上していきます。

スパイクがスパット決まると、自分のプレイに自信を持てるようになります。

詳細はコチラ  バレーボール・ジュニア選手育成プログラム(工藤憲)